08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.03.05 (Thu)

漢方薬

3月5日

今日はちょっと仕事柄勉強です。


漢方薬名:抑肝散(ヨクカンサン)

神経の高ぶりをおさえ、また、筋肉の“こわばり”や“つっぱり”をゆるめて、心と体の状態をよくします。
具体的な症状としては、イライラ感や不眠などの精神神経症状、あるいは、手足のふるえ、けいれん、子供の夜なき、ひきつけなどに適応します。いわゆる“疳”の強い子供にも好んで用いられます。腹直筋が緊張していることも使用目安です。


【組成】:抑肝散の構成生薬は下記の7種類です。

“柴胡”は、熱や炎症をさまし、腹直筋など筋肉の緊張をゆるめる働きをします。
“釣藤鈎”には脳循環をよくする作用があるとされ、手足のふるえ・けいれんなどにも効果的と考えられます。
“蒼朮”と“茯苓”は、水分循環を改善する漢方の代表的な利尿薬です。
“茯苓”には、気分を落ち着けたり、動悸をしずめる作用もあるといわれます。
血行をよくして貧血症状を治す“当帰”と“川きゅう”、緩和作用の“甘草”が加わります。
これらがいっしょに働くことで、よりよい効果を発揮します。病院では、煎じる必要のない乾燥エキス剤を用いるのが一般的です。


漢方薬名:当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)

血行をよくして体をあたため、貧血症状を改善します。また、痛みをやわらげたり、ホルモンバランスを整える効果も期待できます。

一般的に女性に用いることが多く、色白で冷え症、やせ型で体力のあまりない人に向く処方です。具体的には、体の疲れ、冷え性、貧血症状、生理不順、生理痛、生理前後の不快症状、不妊症、むくみ、頭痛、めまい、肩こり、更年期障害などに広く適応します。


【組成】:当帰芍薬散は、主薬の“当帰”と“芍薬”をふくめ、下記の6種類からなります。

“当帰”と“川きゅう”には、血行をよくして貧血症状を改善し、体をあたためる作用があります。
“芍薬”は生理痛や肩こりなどの痛みをやわらげる生薬です。
また、“蒼朮”と“沢瀉”、“茯苓”は、漢方の代表的な利尿薬で、むくみ症状を改善したりします。
これらがいっしょに働くことで、よりよい効果を発揮します。病院では、煎じる必要のない乾燥エキス剤を用いるのが一般的です。

以下、比較表です。


ヨクカンサン              トウキシャクヤクサン
 
柴胡(サイコ)
釣藤鈎(チョウトウコウ)
蒼朮(ソウジュツ)           蒼朮(ソウジュツ)または白朮(ビャクジュツ)
茯苓(ブクリョウ)            茯苓(ブクリョウ)
当帰(トウキ)  当帰(トウキ)
川きゅう(センキュウ)  川きゅう(センキュウ)
甘草(カンゾウ)

芍薬(シャクヤク)
沢瀉(タクシャ)

トウキシャクヤクサンのが、少し婦人病に振ってある傾向です。
基本的に女性は生理がありますので、その傾向が強いトウシャクからはじめたらいいのではと思います。

生理痛が酷い方、さらに冷えの改善なんかにお勧めです。
飲んでも効かないって方は飲み続けてないだけです。
基本的に漢方は体への負担が少ない薬ですので、気長に続けてみてください。
体質改善を身をもってしるはずですから。

あと、もうちょっと話の順序はストレートになるから、そんな簡単にへそまげんな。
わかりやすいようにまとめたからちゃんと読むように。
スポンサーサイト
00:49  |  日想
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。